2010年03月18日

「文芸春秋」で名誉棄損、外務副大臣が提訴(読売新聞)

 月刊誌「文芸春秋」の記事などで社会的評価を低下させられたとして、福山哲郎外務副大臣が、出版元の文芸春秋や執筆者らに計1650万円の損害賠償などを求める訴訟を東京地裁に起こしていたことがわかった。提訴は12日付。

 訴状によると、同誌2月号は、地球温暖化問題を巡る福山氏の姿勢について「多額の負担を強いられる国民への配慮は見られない」などと報じた。福山氏側は「様々な利害関係者から意見を聞き、国民に配慮している」と主張している。

 文芸春秋は「訴状を見ておらず、コメントは出せない」としている。

<JAXA>「あかつき」と「イカロス」公開 5月打ち上げ(毎日新聞)
<千葉法相>日弁連会長交代で司法改革の後退懸念(毎日新聞)
<公然わいせつ>容疑の税務署員逮捕 福岡(毎日新聞)
札幌7人焼死 ホーム運営会社を捜索 2人の身元を確認(毎日新聞)
統幕学校の田母神氏拒否 理由は「政府と異なる見解を公に」(産経新聞)
posted by hfph41urys at 02:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。