2010年02月04日

全国の「市」と「町」、同数の784に(読売新聞)

 国が主導した「平成の市町村大合併」で1日、福岡県八女市と愛知県豊川市がそれぞれ周辺の町村を編入合併し、全国の町が三つ減った結果、全国の「市」と「町」の数が784と初めて並んだ。

 大合併は1999年4月にスタート。開始直前には、「町」が1994あり、670あった「市」の3倍近く存在した。

 1日に行われた合併により、八女市は黒木町、立花町、矢部村、星野村を、豊川市は小坂井町をそれぞれ編入し、3町2村がなくなった。3月8日には、山梨県の鰍沢町と増穂町が新設合併して富士川町となるため、「市」の数が「町」を逆転する予定だ。

 村は99年3月末に568あったが、1日に187と3分の1となった。

「楽観できない」 失業率改善について鳩山首相(産経新聞)
児童虐待、有力情報に10万円…警察庁(読売新聞)
「学校の感度低い」=児童虐待死事件で-文科相(時事通信)
無許可業者のごみ収集容認=うその証明書も発行-大阪・松原市(時事通信)
<糖尿病移植治療>拒絶反応を抑制…マウスで成功(毎日新聞)
posted by hfph41urys at 05:24| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。