2010年01月09日

法廃止確約、訴訟終結へ=障害者自立支援法、国と原告が合意-厚労相「心から反省」(時事通信)

 障害者自立支援法に基づき、福祉サービス費用に原則1割の自己負担を課すのは違憲だとし、全国の障害者ら71人が負担決定の取り消しなどを求めた集団訴訟をめぐり、原告・弁護団と国側は7日、同法廃止などを定めた基本合意文書を取り交わした。これを受け、原告団は訴訟の終結を表明した。
 長妻昭厚生労働相と原告・弁護団が同日、同省で調印式を開催。長妻厚労相は「障害者の人間としての尊厳を傷つけたことに、心から反省の意を表明する」と述べた。
 合意によると、同省は2013年8月までに同法を廃止し、低所得者の自己負担がない新しい福祉制度を実施する。 

【関連ニュース】
「小沢独裁」は作られた虚像~民主・輿石参院会長~
民主党と財務省の「一体化度」を検証する
「普天間」「習近平」「献金」で囁かれる「鳩山政権短命説」
厚労省に葬られた民主党マニフェスト
辛くも「決裂」を免れた日米関係の行方

おさむのブログ
しげおのブログ
現金化
即日現金化
クレジットカード現金化
posted by hfph41urys at 16:29| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

日本一に挑む「油麩丼」…川島隆太教授でPR(読売新聞)

 宮城県登米市のB級グルメ「油麩(あぶらふ)丼」が、全国各地から自慢の丼を集めた「ご当地どんぶり選手権」に挑む。

 今月8~11日に東京ドーム(東京都文京区)で開催される「ふるさと祭り東京2010」(実行委員会主催、読売新聞社など後援)の企画で、来場者の投票で決まる優勝を目指している。

 油麩丼は昨年、B級グルメ料理の日本一を決める祭典「B―1グランプリ」に初参戦したほか、大手コンビニで弁当が発売されるなど、知名度が一気に上がった。手軽に作れ、カツ丼のカロリーの半分とヘルシーで、女性にも人気だ。

 登米市登米町で油麩丼を提供する食堂11店では、土日の混雑が続く。大衆食堂「つか勇」では、これまで品書きになかった油麩丼をメーンメニューに加えた。具材の油麩も生産が追いつかない状況だ。

 選手権では、15品の丼を食べ比べた来場者の投票で、優勝賞金・賞品総額100万円を争奪する。出品されるのは「ぶっかけイクラ丼」(北海道)「鯛(たい)茶漬け」(新潟県)「鮪(まぐろ)中とろカツ丼」(和歌山県)と強豪ぞろいだ。

 地元「油麩丼の会」の海老名康和会長は「高級食材に対抗するためには、ヘルシーさとB―1グランプリに出たことを売りにしたい」と意気込む。脳科学研究で知られる東北大の川島隆太教授が名誉会員であることもPRして集客する。

 入場料は大人1500円。各丼とも1杯400円。問い合わせは、同実行委(03・3817・6362)。

今日からおれは
x8slmgk1のブログ
クレジットカードのショッピング枠を現金化
現金化口コミ
無料ホームページ
posted by hfph41urys at 02:55| Comment(9) | 日記 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。